FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

外国人労働者

【外国人研修生】外国人労働者受け入れ問題とメリットとデメリット【外国人実習生】

更新日:




日本も外国人労働者に門戸開放?

いよいよ、日本も外国人労働者の受け入れを拡大する事になりましたが、実は、外国人労働者はもう既に外国人研修生、実習生という名の元で20年以上前も前から日本に来ています。

私は外国人研修生、実習生という名の労働者や受け入れ企業の社長さん達、そして組合に携わる人たちを長く見れる環境にありました。決して日本側(企業、組合側)の意見だけを綴るつもりはないのですが、昔からある日本の

“ものつくり”

の中小零細企業の経営環境も年々厳しい状況になっています。多くの体力のない中小零細企業が外国人実習生制度を利用してある意味安い外国人労働者を確保してきました。しかし、受け入れ側の度重なる不正で問題となり、その都度、法改正があり外国人労働者を受け入れる環境は年々厳しくなってきています。そして、不正をしていた企業も相当数淘汰されつつあるようです。

外国人技能実習生制度自体が建前と本音が大きくかけ離れている制度です。最初から外国人労働者を研修生、実習生といった曖昧な立場ではなく労働者として、しっかり地位を確保していれば、防げた問題もあったかもしれません。

今も日本に来ている大半の外国人労働者は、技能実習生が大半です。しかし、身分は労働者ではなくあくまでも、実習生なのです。

企業が

何故外国人実習生を受け入れたのか?

何故不正がまかり通ったのか?

外国人労働者を受け入れるメリット、デメリットは?

等分かり易く綴っていこうと思います。これから、外国人労働者が増えていくかもしれません。外国人労働者受け入れに興味のある方、そして外国人労働者受け入れ自体に反対の方、様々な意見がある事は承知しています。ただ、外国人労働者が増加し続けている事は現実です。日本人社会との軋轢が起こるかもしれません。できるだけ、トラブルは避けたいと思う受け入れ企業が多いでしょう。何かしら参考になればと思います。

外国人研修生、実習生制度とは?

建前

日本の外国人研修・実習生制度を利用して、発展途上国から研修生、実習生を受け入れ先進国である日本の高度な技術を取得させ母国に帰国後、日本で学んだ高度な技術を母国発展の為に役立てる制度です。日本に来て勉強?したい外国人労働者がお願いをして、日本に来てもらう感じ。

本音

人材確保難に悩む中小零細企業の人材確保が本音。実習生も日本で学んだ技術は母国ではあまり役たたない。日本語は帰国後も多少なりの需要がある。日本の賃金には凄く魅力はあるが、母国の経済発展に伴い、魅力もなくなり、志望者も減る。そして、日本側は人件費の安い新たな国を探す。

外国人労働者(実習生)を受け入れる方法

受け入れるには、企業単独型と団体管理型と2通りあります。

企業単独型

企業単独型は、労働者を送り出す国に受け入れる日本の企業と関係する企業間のの受け入れとなりますが条件が厳しい。

団体管理型

団体管理型は組合(クミアイ)等の第一次受け入れ団体がまず受け入れをしてそこから第二次受け入れ先である企業が実習生を受け入れます。今、外国人労働者(実習生)の受け入れの大半は団体管理型です。

外国人実習生は外国人労働者?

国の立場はあくまでも、研修、実習です。

でも、実態は労働と言われても過言ではない。と言いますのも受け入れ企業の大半が零細中小企業です。今の日本の中小零細企業で実際、外国人に※カリキュラム通りに

“ものつくり”

を教える余力のある企業がどれほどあるのか想像してみただけでも分かります。

※外国人研修生、実習生を受け入れる時に、この予定でこの項目を何時間勉強させますと3年間分の予定表を提出します。

「予定通りに実習は進んでいますか?」

と聞かれれば、

「イエス。」

とどの企業も答える事でしょう。

外国人労働者(実習生)を受け入れている以上、建前は通さないと受け入れはできませんからね。

それと、予定表なんですが、作業内容はどちらかと言えば大まか。現場の人はこういった内容で実習をさせていますと言えば、官僚の人達には分かりません。3年分の予定を立てる訳なのですが、実際、1年後の先の事の業務が予想できる企業なんてそんなに多くはないですよね。それでも、人材を確保の為に企業側も予定表を作成する努力はしていると思います。

国に提出する書類に関しても労働条件通知書とか労働契約書を提出していますし、社会保険の加入も義務付けられています。これらを踏まえますと、建前の実習と言う事は強弁だと思います。ちなみに実習生がかける社会保険料は帰国後一部返されますが企業には一円も返ってきません。

さて、建前は実習生なのですが、“労働”の環境面はどうなのか?

これは日本人と同等以上の環境が要求されます。

外国人労働者(実習生)は安い労働力は誤り

この外国人技能実習生制度は過去、企業側の不正が大きな社会問題になる度に何度も法改正がありました。

今でこそ、3年~5年の滞在期間が認められていますが、私が知る限りでは、滞在期間が2年だった時代もあります。1年目が研修生で2年目、3年目が実習生といった区切りでした。そして、1年目の研修生の時は、給料ではなく研修生手当といった名目で月5万円くらいだったはず。この5万円で実質、労働者が使えた訳でして、そういった意味では安い労働力“だった”と言えるのではないでしょうか?

今の法律では研修期間は、外国人実習生が入国後してからの1か月のみです。その1か月は組合の集合講習(座学)の期間です。企業に戻った瞬間から実習生となり、待遇も労働条件通知書に記載された通りにしないといけません。

外国人労働者(研修生、実習生)における問題

日本側の責任で、一番多いのは、賃金の未払いと長時間労働でしょう。

これは、過去の話ですが、企業側もある意味確信犯的な部分はあると思います。例えば、研修生時の時は5万円の手当です。そして、研修生の期間は残業は許されていませんでした。にも関わらず、残業させていた企業も多かったはずです。そして、残業代も研修生手当を基本に考えて計算する訳ですから正規な残業代は払われていませんでした。そもそも、残業ができない研修生に残業をさせる時点で駄目なんですけどね。

そして、2年目、3年目の実習生にも正規な賃金を守らない企業も多かったです。実習生に賃金もおかしな話ですが、一応、受け入れ時に日本語と母国語で作成した、労働条件通知書を作成します。それは、国が定めた書面です。母国語でも書かれたその書面に本人にサインをさせるのですが、企業側からの目線で考えると、メリットが少なくなります。

そこで、二重契約といった方法が出てきます。

一応、国に出す書類は法定通りですが、企業側単独、企業と組合が結託、もしくは、企業、組合、送り出し機関(母国)が結託して、国に提出する以外にもう一枚契約書を作成してサインをさせる。

そこには企業側の思惑が書かれていました。

企業(研修生の時は5万円だったから・・・)

企業(2年目は7万円で、3年目はもう少し上げて8万円ね。)

と、そんな契約書を作成する受け入れ側もありました。

企業側の理屈から考えると、

(母国では給料が2万とか3万円だから日本で6万も、貰えれば母国と比べると倍じゃんw)

とそんな意識もあったんじゃないのでしょうかね。日本人から見ると酷い話でしょ。それでも、外国人実習生の入国がどんどん増えてきた事を考えると、日本に来る魅力があったのかもしれません。ただ、ここから外国人実習生達の反撃が始まります。

外国人実習生達の反攻

受け入れ側がある意味やりたい放題していたのですが、実習生達も考え反撃に出ます。例えば労基、メディア、支援団体への駆け込み等々。企業側から考えると、やってる事は法令違反な訳ですが、まだ色々な部分がグレーゾーンが多かった為、

(やばいよなぁ。)

と思いながら、

(でも、他の所でも同じような事をやってる所も多いし、もっと酷い所もある。そこと比べればウチはまだマシだ。)

とそんな事を考えてた企業もあったと思います。しかし、ある日、労基等から突然の連絡や調査が入った事には、相当驚いた事でしょう。それだけじゃなく、実習生達がストライキを起こすといった事案もありました。そして、労基が入ってきて、賃金の計算の結果、数千万円の未払いが発生した事案も出てきました。体力のない中小零細企業にそんなお金を支払う余力はありません。余力があれば、正規な賃金も支払っていた事でしょう。その事が原因で倒産といった憂き目にあった企業もありました。

ただ、度重なる法改正で、グレーゾーンはほぼ無くなったと思います。そして、外国人労働者(実習生)を受け入れるハードルも上がっています。不正部分が多かった企業には相当厳しい状況と言えます。

組合(クミアイ)の不正

組合の不正と言いましょうか、過去にそんな事もあったのかぁ。とそんな感じで読まれて欲しいです。

例えば、企業が月に“管理費”という名目で組合に一人頭、3万円払ったとします。組合も運営するのにお金はかかるので正当なお金だと思います。そして“管理費”の中には送り出し機関に支払われる管理費もあるでしょう。その、送り出し機関に支払う管理費なのですが、2万円支払ったとします。しかしながら、送り出し機関と組合の理事長が結託をし、その2万円からバックマージンとして理事長に1万円を支払う。とそんな事もありました。

その組合で30人受け入れをしていれば、月30万円、理事長の“ポッポ”に入る事になるのです。

ただ、法改正で組合への締め付けも相当厳しいものとなっていますので、最近はあまりそんな話は聞きません。

正義の味方?外国人労働者の支援者と支援団体

外国人技能実習生制度も長く続いているので、様々な問題が出てきました。そして、外国人労働者を支援する人達や体制も整ってきてるように思えます。所が支援という名の元で外国人実習生からお金を搾取するといった事案もまた出てきました。トラブルを抱えた外国人実習生が支援者の所へ相談に行き、例えば、賃金の未払い金が100万円あったとします。そこで、支援者が企業へ談判に行ったり、企業が嫌がる事をチラつかせて企業から実習生にお金を支払わせる。そして、その企業からぶんどったお金から、成功報酬なのか分かりませんが、その中から何割かを頂戴する。そんな案件も見受けられました。

まぁ、企業が不正をしていなければ問題はない事なんですけどね。

新たな恐ろしい天下り団体ができる

今までは、JITCOと呼ばれている天下り団体が指導的な役割をしていた団体なのですが、新しく法律が変わり、外国人技能実習機構と呼ばれる新たな団体ができました。“機構”と現場からは恐れられているようです。この機構ですが、JITCOと違い労基のような権限を持っています。となると、民間から考えるとJITCOの存在意義が非常に疑問になるのですが、組織自体はそのままです。費用対効果が少ない部署は民間なら削るんですけどね。現状、怖い機構だけで受け入れ団体には十分睨みはきかせているので、JITCOは要らない。でも、天下り団体は確保しておきたいのでしょうかね。

外国人労働者問題の責任の所在

外国人労働者が日本に来られて、何かしらの問題やトラブルに見舞われた時に対処しないといけないのは、受け入れ企業です。

例えば、受け入れている外国人労働者が万引きをして、警察に捕まり、警察から連絡が来るのは会社です。

(担当者か社長)

わざわざ、その警察まで行き、事情を聞き対処しなければいけません。外国人労働者が体調を崩して、病院に行く時も会社側の誰かが付きそう。病院側もいくら、保険証があったとしても、言葉の分からない外国人労働者が病院に来られても困ります。

日本は自由社会です。それは、日本人が自由を守る為に責任も果たしているからです。外国人労働者に日本社会で日本人と同じような責任を果たせるとは私は思っていません。ですが、外国人労働者の自由を束縛すると今度は人権と言って騒ぎ立てる風潮が今の日本にはあります。失踪、妊娠、万引き、病気、事故、事件等の様々な問題が外国人労働者に降りかかった場合、最終的な責任を果たせる、または、果たさないといけない立場は、日本側の受け入れ企業という事は重々承知の上、外国人労働者の受け入れを検討すべきでは?と思います。

外国人労働者は即戦力にはなりえない

日本人の新卒の方々でも企業に就職し、一人前になるまでにどれ程の時間を費やすのでしょうか?

数か月?1年?2年?日本語が理解できる日本人でもそれ相応の時間がかかるはずです。ましてや、外国人労働者は母国でどれ程勉強するのか分かりませんが、入国時は日本語も片言の日常会話が出来れば御の字。母国で同じような作業をしていたとしても、設備も違えば、環境もまた違います。そんな外国人労働者に“即戦力”と期待をかけた所で到底、即戦力にはなりえない。結局は、日本人と同じように社内で教育する時間は必要となるはずです。企業側も兎に角、労働者の頭数だけ揃えりゃ良いといった感じではないはずですよね。

外国人労働者を育てる事は外国人労働者を受け入れるにあたっては、一番重要な事なのかもしれません。また、そうする事によって、外国人労働者の問題も多少なり少なくなると思います。

 

外国人労働者(実習生)を入れるメリット

外国人労働者を受け入れるメリットは、安定した人材確保。これにつきます。人手確保にそんな悩まなくてもいいでしょう。

外国人労働者(実習生)を受け入れるデメリット

外国人労働者を受け入れるデメリットは、お金と労力。

これは、日本人と同等以上の待遇な訳ですから、賃金面では決して安くはないですし、それ以上に管理費という経費がかかります。これは、第一次受け入れ団体の組合(クミアイ)によって違います。そして、なにより、言葉の分からない外国人を日本で生活させる苦労は並大抵の事ではないです。日本語を理解させて、日本の社会も理解をさせ、そして、企業の仕事を理解させる。考えただけで結構、大変でしょ。

外国人労働者(実習生)を受け入れる国は何処がいいの?

これは、どの国も一長一短はあります。日本なら宗教は仏教が多いですし、漢字社会です。そういった事から考えるとやはり、中国といった選択が多いのかもしれません。外国人実習生の受け入れ人数が過去一番多かった中国ですが、言葉、仕事を覚える事は早いです。

(本当に凄い子もいました。)

でも、根っこの部分には“反日教育”があります。本人達も日頃は何気ない素振りを見せているのですが、一度揉めると、凄い事になります。中国は暴動が頻繁に起こっていますが、暴動の小さい版が企業で起こる可能性は無いとはいえません。

料理も油が多いので寮が油で汚れますし自己主張もはっきりしています。日本人はどとらかと言えば、曖昧な言葉で伝える事もあると思いますが、中国の人はストレートに自分の主張はされます。そして、謝らない。これは、中国社会で一度、非を認めて謝ると、大変な事になる事が多いからです。

文化面では日本と中国は似ていますし、若干の筆談もできます。なので日頃からのコミュニケーションはしやすいと思います。しかし、今は中国の急速な経済発展で、日本に来る魅力を感じる人が少なくなってきていますが、滞在期間が5年になり若干状況は変わってくるかもしれません。

逆に最近、急速に受け入れ人数が増えてきている国がベトナムです。

親日でフレンドリーと思うでしょ。確かに、中国人と比べるとおとなしい感じはしますが、まず、言葉。ベトナムも過去漢字が通用していた時代もあったようですが、今では全く通用しません。日本の言葉を理解するまで相当な時間と労力がかかります。言葉ですら時間がかかる訳ですから、日本人の感覚もまた上手く伝わらない事が多いです。

あと、よく聞く言葉が

“ブローカー”

という言葉です。簡単に説明しますと、ベトナムの面接会場を紹介してお金を取り、面接で合格して日本行きが決まるとそこでも、お金を払う。そのお金も結構、高いと聞いています。お金が無いから日本に来るのに、逆に借金までして日本に来る。長く外国人労働者と顔を合わせないといけない受け入れ企業としては迷惑な話でしょ。母国での負担は限りなく少なくする。こういった考え方の所から受け入れをされた方がいいと思います。

そして、言葉は悪いですが、

“尻が軽い”

傾向があるように思えます。例えば、男女が母国で同じ学校で勉強をしてたとします。お互い既婚者ですよ。既婚者なのですが、母国でそういった仲になり日本にも来る時期は違うかもしれませんが、連絡を取り合い会う。ま、会って何をするかは分かりませんがそんな人が結構います。

この間、仕事のお付き合いで、ベトナムの送り出し機関の学校に行く機会がありました。学校の壁には、避妊の方法を詳しく説明していた大きなパネルが貼り付けられていました。既婚者でも、男女の仲になる事は仕方がない。それなら、後々、問題がならないようにした方が良い。といった考え方なのかもしれません。

日本では、“不倫”はタブー視される風潮ですが、ベトナムでは日本と違った風潮なのかもしれません。受け入れ企業も休みの日までも外国人労働者を管理する事はできません。でも、遊んだ結果、女性が妊娠したとしても、病院の手配や様々な段取りは受け入れ企業がしないといけない訳です。

後、犯罪も中国人と比べると多いような感じです。SNSでの横のつながりで連絡を取り合って犯罪に手を染める。そんな事案はありました。

中国人の場合は“基本、他人は信じない”

といった考えがあるのか交流は慎重な人は多いです。

国、国によって考え方が違うので、指導方法も変えざるを得ない訳ですが、多分、答えは見つからないでしょう。

合わせて読みたい

ベトナム人労働者 賃金 借金 問題

今、実習生の受け入れが多い国の事を2つ書きましたが、その他、フィリピン、インドネシア、ミャンマー、カンボジア等々、どの国から受け入れたとしても、大なり小なり問題は出てきます。

送り出し機関、受け入れ機関の選び方

送り出し機関の情報は企業からは中々入手できませんし、分からないでしょう。結局、受け入れ団体である組合を選ぶ事になる訳ですが、組合も様々な組合があるので、どこを基準に考えるかは企業で決めるしかないです。ただ、外国人実習生制度自体、長く運用されている制度で受け入れを長くされている企業も多いです。なので、企業間での“口コミ”が一番信頼ができるのでは?と思います。100%企業の意向に沿うような完璧な組合はありません。

それと、新しい法律に変わり組合自体の締め付けも相当厳しくなっています。組合全体で不正を行っていた場合、組合自体が受け入れ停止といった厳しい処分も下されますし、組合も企業を指導する立場なのですが、外国人労働者を指導、教育するのは基本企業です。指導、教育に関しては組合はあくまでもサポート的な役割しかできないといった事は認識してた方がいいでしょう。

面接のポイント

恐らく、企業が現地に赴き試験、面接会場に行き試験を行う事でしょう。でもね、現地の送り出し機関は信用しない方がいいです。送り出し機関はあくまでもビジネスとして送り出しをしている訳で人材を育てるといった感覚は少ないです。試験の人数を集めて、試験会場に放り込んで、選んで下さいって感じ。

(後は何とかなるだろう。)

試験項目も前もって練習させている所もあるそうなので、企業の担当の方がしっかりとご自分の目と企業で養ってきたご自分の経験で選ぶ事をおすすめします。ただ、受け入れ団体である組合も送り出し機関に様々なリクエストをしている組合もあるので、

“良い組合”

を探す事が大事です。送り出し機関と“べっとり”な所はやめていた方がいいです。外国人労働者を日本に受け入れ、3年、5年といった期間をしっかり最後まで実習をさせ、元気で笑顔な姿で母国に帰国させるといった目標がある組合は送り出し機関にも企業にも言うべき事はきちんと伝えています。

まとめ

過去に起こった事案を元に書いてきましたが、外国人労働者と上手くやっている企業さんも多い事もまた事実です。何故、トラブルも少なく受け入れができているのか?

傍らで見ていた私が思うには、やはり

“コミュニケーション”

なんだと思います。

“彼らも人間”

育ってきた環境は違うので中々、意思疎通ができませんが根気強く企業側も努力して、日本語を伝える努力はされています。そういった努力を続けていれば、それに応えてくれる実習生もいます。

(全員じゃないですよw)

そんな受け入れ先は問題は起きない。

逆に問題を起こす企業は、怒鳴り散らすだけできちんと言葉が伝わってない。そして、実習生が悪いと開き直る。

大抵このパターンですw外国人に一般人が言葉を伝える事は並大抵の事ではないです。ですが、そんな努力を根気強く続けている企業さんの実習生を見ていますと、日本語が本当に上手なんですよ。もちろん、実習生さん達も努力はしていますけどね。

外国人労働者を受け入れた場合の問題を紹介

外国人労働者受け入れ問題

スポンサードリンク





-外国人労働者
-

Copyright© Charm , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.