FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

FX

【FX】FXはおすすめしないですが初心者でも負けない時間帯 勝つ方法を考えてみた。

投稿日:

FXをおすすめしない訳

私のFX歴は今は取引をしていません。退場したからです。10年くらい前からやってはやめ、やってはやめといった感じです。致命傷を負っての退場ではないですよ。でも、負けが込んだ事は事実です。自分なりに日々負けた事を分析しましたが、結局トータルでは負けたままなのです。

(それは、あなたが下手糞だったからじゃないの?)

と言われる方もおられるとは思います。

全く、その通りでございます。

私が負けた原因を考えながら、FX初心者が負けない時間帯、勝つ方法を考えてみたいと思います。

FXで勝つ人の割合は?

ちょっとデーターは古いですが、2013年時点ではFX全トレーダーは世界でおよそ50万人といわれています。そして、FXトレーダー人口50万人の中に、日本人のトレーダーはどれくらい含まれているのか?実は世界のFX取引を占める日本の比率は57%といわれています。数でいいますと約28万5千人が日本人FXトレーダーとなります。で、FXでは9割以上の方がいわゆる市場の“養分”(負けている)となっていますので、負けている人が約25万6千人で勝っている人が約2万8千人いるという事になります。

FXで勝ち続けている人達の傾向

FXの取引スタイルも長期的、中長期、短期間等様々な取引スタイルがありますが、勝ち続けている人に共通している部分は多かれ少なかれ自分の中での取引スタイルや、取引ルールが確立されている事が考えられます。適当に取引をしながら勝てる程、FXは甘くはないです。FXで勝っている、勝ち続けている方々は様々な方法で過去のデーターを参考にし、自分の取引スタイルを確立している。と言えるのではないのではないでしょうか。

FXで負ける人の特徴

これは私にピッタリ当てはまる事なのかもしれませんが、FX取引はネット環境があれば簡単に取引はできます。簡単に取引ができ、利益も出し易いです。そんな経験ができるので、FXの人気もあるのかもしれませんが、FXで勝ち続ける、利益を出し続ける人達はほんの一握りといった事は認識した方がいいと思います。FXで負ける人の特徴は、自分の取引スタイル、取引ルールが確率できていない。ルールを決めていたとしてもルールに徹しきれない。例えば、ルール通りにエントリーをしたとして、逆方向に行った場合、

あ?あれ?逆に行っちゃった。

自分のルールではここで損切レベルだけどもう少し様子をみよう。

あーっ!もう少し、もう少しだけ。

どんどん逆に動いて損が膨らみ

元値。せめて元値までもどってぇ~っ!

と予想からお願いに変わり。

もうダメぽ。損切りしないと・・・でも、もう少ししたら・・・

と、どんどん損が膨らむのでした。多分負けてる人の心の流れってこんな感じなんだと思います。原因は、負けを認めたくはないからです。FXで百選百勝の人はいません。頭では分かっているのですが、自分の負けを冷静に受け入れる事ができなく、そして、次のエントリー時の時にはその“負け”を取り戻そうとして、無茶な取引となりまた負ける。FXのあるある、“負の連鎖”に陥るのです。取引ルールに冷徹に徹しれるのか?そして、その取引のルールも勝てると思われる高確率の方にビットする事が大事なのでしょう。


FX初心者が勝てる時間帯

FX初心者が勝てる時間帯は無いです。勝てる時間帯は無いのですが、時間帯によっては値の動き方が素人でも予想し易い時間帯がある事は事実です。FXは基本24時間取引ができます。取引時間は日本時間帯。日本時間と欧州時間が交わっている時間帯。欧州の時間帯、欧州時間とアメリカの取引時間が交わっている時間帯。アメリカ時間帯と大きく分けてそんな感じです。値動きが一番激しいのは、欧州時間とアメリカ時間です。何故かと言えばロンドン市場とニューヨーク市場が世界で一、二を争う市場です。参入してくる人間も多くなり、様々な思惑によって値が大きく動きます。日本時間はどちらかと言えば動きは小さいです。為替の値動きは8割がレンジ相場だと言われています。高くなったり、安くなったり、ジグザグと動きます。FX初心者が勝てる時間帯は自分が勝てそうな時間帯を探す事です。答えにはなってないと思いますが、長期で取引をされる方、中期で取引される方、短期で取引をされる方とそれぞれエントリーポイントが違います。そして、値動きが激しい方が得意の方もおられれば、比較的値動きが少ない方が取引しやすいという方様々です。私はどちらかと言えば、値動きが少ない方が好きですけどね。レンジ相場で少しずつ利益を重ねて・・・1回の取引でドカンッ!と負ける取引です。

ただ、イベントの時の参入はお勧めしません。急激なスピードで値が飛び回ります。言い例えるのなら大人の喧嘩に幼子が入るようなもの。とても、どうにかできるレベルではないのです。

FX初心者でも値の動き方を予想し易い時もある

相場で一方方向に値が動く時間帯がある時があります。欧州市場とアメリカ市場がオープンする前後の時間が結構そういった値の動き方がする時があります。様々な思惑、情報が飛び交ってそんな動きになるのでしょうが一般人にはそんな情報は中々手に入らないと思うでしょ。でもFX業者から色々と発せられる情報を精査して予想通りに値が動く時があります。その情報の中で分かり易いFX単語がオプションという言葉ではないでしょうか。例えば100円といったきりの良い所に大口のオーダーが溜まっていると、そこに向かって取引が進んで行くように見える時があります。その100円まで達すれば大口のオーダーが入っているので一気に値が進む場合もありますが、当然防戦の売り買いも存在しています。中々、目標の100円まで到達しないのですけどね。

私の経験談ですが、例えば99.80円の所で売りから入りました。値は悲しいかな逆の方向へ行き、FX業者の情報を見てみると、100円の所に大口のオーダーが入ってる模様との事。

(あ~。これは100円目指しているのかな?)

と判断は冷静なのですが、

(でも、そんなに簡単にはあがらないでしょ。)

と根拠のない楽観的な考え方が脳内に広がり、値は少しずつ100円へ・・・・・

(行くやろうな。これ絶対100円いくやろうな。)

と頭では分かっているのですが、損切の判断ができず、100円に到達。

(そんなに簡単に突破されてたまるかぁっ!)

と心で叫びましたが、100円を超えるとあっと言う間に100円20銭の辺りまで上昇。

(・・・・・)

でも、損切できないんですよねぇ。心の整理がつくまでは・・・

トレンドを読み違えた時には損切しないと駄目なんですけどね。


FXの恐ろしさ

これは、結構有名な話だと思いますし、youtubeでも実況の動画がアップされていた事案です。3億円近くまで利益を出された人がいたのですが、たった1回の取引で3億近くあった資産が無くなったといった事もあります。もちろん“0”になった訳ではないのですが、相当な金額ば無くなりました。その時の男性の言葉が非常に印象的でして、

「このテクニカルチャートではこうなるはずなんだよなぁ。」

と話されていました。チャートは取引をする上で大事な情報源の1つなのですが、傾向が分かるだけであって、絶対にこうなるといった事はないです。その傾向が分かっていれば勝つ確率も高くなるでしょうし、その方法で3億近くまで資産を延ばされていたのでチャートを過信されたのでしょうか?

(3億稼いでいたのならそこでやめれば良かったのにぃ。)

と思われるかもしれませんが、3億、5億、10億まで稼ぎたいっ!と思われていたのかもしれませんね。でも、3億近くまでいかれた事は凄い事なのですが、結局、たった1回の取引で全てを失う事の恐ろしさはあるでしょう。分かっているんでしょうけどね、分かってはいるけどやめられなかったのかもしれません。

FX初心者がFXで負ける訳

身近なお話で分かり易く書きますと、FXで利益を出し続けられている方達はFX取引のジャンルで言えば、一握りの“エリート”の人達なのです。例えば、受験で例えると利益を出されている方達は東大に合格するくらいの天才か努力をされて“結果”を出されている“エリート”の人達と言う事です。一般人の人がちょっとやそっと勉強した所で東大に合格できますでしょうか?例えは違いますが、FXで勝ち続けている人達が一握りだという事は間違いがないです。その一握りに入ろうと思えばそれなりの前準備と勉強と精神力はそれ相応必要だと思います。

何故Fxが勝てそうな気になるのかは、そこそこ勝てる時期があるからです。東大合格なんてはなから無理と思われる方もFXで勝てると、

(お!これは簡単に勝てるじゃん。)

と勘違いをされるからです。勝っていても、投資の世界は最終的に利益が出せれば勝ちだと思いますが、一度や二度勝った所で最終的に負けていれば負けなのです。

FXで確実に勝ってる人は?

これは、業者です。例えは悪いですが、賭場で一番儲かるのは“胴元”です。場所を提供してる側が一番儲かるのです。普通に考えてみて業者が様々なキャンペーンやイベントのサービスができると言う事はそこそこ儲かっているからではないでしょうか?儲かっているから新規のお客さんをイベントやキャンペーンで誘う。と思います。

FX初心者にとってFX業者はどこがいいのか?

これも人によって違います。私は楽天FXで取引をすると思いますが、それは、楽天FX単体では魅力はないのですが、楽天グループとして考えた場合、銀行からFX口座への入出金も楽だし若干のメリットがあるからです。人それぞれメリット、デメリットが違うので一概にはここが良いとは言えません。



FX初心者が分かり易い通貨ペアは?

これは、ドル円が一番馴染みもあり情報も豊富ですし、スプレッドも0.3銭と取引も有利に進められると思いますが、値の動きが読みにくいのとあまり動かないっといった特徴があります。逆にイギリスのポンドはスプレッドはドル円と比べると広いですが、値幅が大きい事が特徴です。後、オーストラリアドルやニュージーランドドル等はいわゆる高金利通貨と言われているので、投資スタンスによって選んだ方がいいです。

FXの魅力

FXはおすすめしませんが、ある一定のFX人口があるという事は魅力もあるという事です。まず取引時間。取引時間は日々のメンテの時間以外は24時間取引ができます。昼間でももしかするとFX取引をされている方がおられるかもしれませんけどね。用事もないのに携帯画面をよく見ていて、そしてトイレに駆け込みトイレの中で取引をされているのかも・・・もしかすると、負けていて悶絶されているのかもしれませんね。24時間取引ができ、携帯でも簡単に取引ができる事がFXの魅力の1つです。

少額からの取引ができる。これは今は、5千円くらいから取引ができますよね。ただ5千円だと、1ピップ獲れたとしてもレバレッジが50倍だと10円です。面白みがないと言えばないですが、FX初心者の方にとっては取引しやすい環境だと思います。

レバレッジ。FX最大の魅力の1つでしょう。少ない金額でも今の日本の業者なら50倍の金額で取引ができます。5万円くらいで1枚買える計算です。過去は100倍以上レバもかけられた時もあったのですが規制がかかって50倍になっていますが海外のFX業者は数百倍のレバレッジで取引ができる所もあります。入金方法もカードで買い物をする感覚で入金もできますが、やめておいた方がいいでしょう。

まとめ

FXはおすすめしないという私のスタンスは変わりませんが、恐らく年金が不足するであろうという事は想像できます。サラリーマンで副業である一定の収入を得るというのも時間的にも無理な話です。なら、投資といった安易な考えにはならないのですが、FXは時間的にはサラリーマンの副業、投資には向いているといった考え方もできます。私も何か動くのならFXといった選択になるとは思います。それは楽に取引環境と取引ができるからであって、勝てるからではありません。それなら、勝てる環境を作ってから参入すればいいのですが、中々、そこまでいっていないというのが実情です。

世の中ネットでFXは勝てますよといったブログ、ホームページがありますが、その情報が本当なのか?嘘なのか?は実際の所分かりません。でもFXの9割以上が退場しているといった事は事実です。相場はゼロサムゲームと言われています。勝つ人がいれば、必ず負ける人もいる。勝つ人はより富を稼ぎ、負ける人は持ち金を減らす。負ける人は自分の資金を増やそうと参入するのでしょうが、結果減らして市場から退場する。FXはそんな世界です。

“でも今度は何となく勝てそうな気がするんだけどなぁ”

と思わせてくれるのがFXです。負ける確率を減らして、勝てる確率が高い時だけエントリーして、利確、損切さえしっかりすれば、生き残れるかもしれません。負けない方法は1つだけあります。それは、FXをしない事ですよ。

FXの記事を書いているとFXをしたくてムズムズしてきます。まずはデモから取引をしてみようかな。FX業者にはデモ取引ができる業者も数多くあるので、FX初心者の方がFXに興味を持ちFXの練習をするのには丁度いいかもしれませんね。ただ、デモで良い結果を出したとしても、実際にお金を使って始めると精神もまた変わってきます。デモと同じような心理状態で取引ができるのかは分かりません。平常心で取引をする為にもFX取引をする時は余剰資金でしないといけません。極端な話をすれば、負けても良い金です。中々一般人でそんな心境でFXをやろうとする人はいないと思いますが、FX取引は精神力にも結構左右されると思います。
スポンサードリンク





-FX
-

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.