FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

ベトナム 周遊

ベトナム 初めてのダナン 見どころと周辺観光

投稿日:

ベトナムの中部にあるダナン。

最近では米朝首脳会談が行われる候補地

としてメディアにも名前がでていました。

ダナンに行った時の日本人として見た

感想です。

 ベトナム ダナンへは直行便がおすすめ

日本からベトナム ダナンへは直行便が

便利です。直行便は関西国際空港からと

成田空港からLCC航空会社のジェットスター

から出ています。空の移動は5時間以上。

格安航空なので座席は狭く余分な物は一切

ありません。退屈しのぎのアイテムは持参

していった方が良いでしょう。

 ダナン空港

ダナンの空港は小さめです。入国時も出国時

もスムーズに行けました。

※シーズンによって変わります。

 ダナンの見どころを楽しむポイント

ダナンの見どころはなんと言ってもロングビーチ

です。道路を挟んでホテルが並んでいます。当然、

ホテルの部屋のお勧めは海岸が正面から見える部屋

です。部屋から海を眺めているだけで時が経つ事

を忘れさせてくれます。ホテルから砂浜に出て

散歩するのもいいですが、道路を横切るので注意

は必要。(横断歩道に信号機はない)

ベトナム ダナンからの観光

ダナン市内は海側の逆の位置にあります。

観光というより街並みを楽しみばがら買い物が

メインです。日本料理店もありますので、

食べる事に関しては問題ないです。

 ダナンの美味しい食べ物

ダナンでの美味しい食べ物は海鮮です。

ビーチ沿いにお店があったのでそのお店に

入りました。

水槽にはたくさんの魚介類がかわれており、

その中から調理して欲しい食材を選んで調理

してもらいます。席はビーチ沿いなので、海

の波音とアジアンテイストの情緒とあいまって

良かったです。

 五行山

一言で言うと洞窟です。アテンドしてた通訳が言うには

地獄巡りができる洞窟との事。確かに雰囲気は醸し出して

いました。洞窟内部に、登れる場所があるのですが、

かなり危険です。もし、登られるのならシューズは

スニーカー等の動きやすいシューズは必須です。

登る時はまだ登れるのですが、降りる時はかなり注意しない

と危険です。むき出しの岩をよじ登っていく感じで、

申し訳程度の手すりがあるだけです。

なので、お勧めはしませんが登る観光客も多い事は

多いです。

エレベーターで五行山の上まで行く事ができます。

山の上から海岸もまた眺められます。

ミーソン遺跡

通訳がダナンから車で1時間半で行けると言っていたのですが、

実際は2時間半かかりました。通訳曰くベトナムはまだインフラ

が整っていませんので、時間ラグがあると言っていました。

ミーソン遺跡は1999年に世界遺産に登録されています。

6世紀から13世紀頃まで栄えたチャンパ王国の遺産が見られます。

チャンパというのは、ベトナムの中部から南部に至るまでに存在

した王国です。ミーソン遺跡は、20世紀初頭にフランス人によって

発見されましたが、ベトナム戦争時にかなりの遺跡が空爆等で破壊

されました。その名残も見る事ができます。

 フエ

フエにも行きましたが、ダナンからは遠かったです。

車での移動で数時間。ダナンからフエ観光に行くと往復で

1日仕事となりました。ただ、フエは日本人にとって、興味深い

街だと思います。フエはベトナム最後の王朝、グエン朝の都と

して栄えました。日本で言うと、京都や奈良のような古都といった

感じ。フエにある旧市街の王宮や寺院等はベトナム初の世界遺産と

して登録されています。旧市街にある王宮は中国の紫禁城を手本に

し作られました。中国の情景も多いですが、顕臨閣や歴代皇帝を

祀った世祖廟などはベトナム伝統の建築様式で作られています。

まとめ

私の行った所を紹介しました。私は海を眺めてボーっとしとき

たかったのですが、他のお客様もおられたのでそうもできません

でしたけどね。私達が行った時のダナンはシーズンから外れて

いましたので海には入れませんでしたがのんびりとした時間を

過ごす事はできました。



-ベトナム, 周遊
-,

Copyright© Charm , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.