FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

外国人労働者

ベトナム人実習生 日本語(言葉)の教え方

投稿日:

ベトナム人実習生を受け入れている企業も多いでしょうが、ベトナム人実習生の日本語の理解力がも一つと思われている企業も多いのではないでしょか。

ベトナム人実習生を受け入れている企業は日本語(言葉)の壁をどう克服されているのでしょう。私も少しばかりベトナム人実習生を受け入れている工場さんを知っているので紹介したいと思います。

こんな日本語の教え方はない

これは、ニュースにもなっているようですが、長野県のとある金属加工会社で「フライス盤」という機械で金属を加工する実習生が同じ会社が経営するペットショップの仕事も無給でさせられたそうです。朝夕の鳥の餌やりや社長宅の掃除、料理などもさせられていたそうです。この会社には強制調査が入り実習生3人は保護されました。社長の言い分は

「鳥のエサやりは日本語を教える為だった。」

と言っているそうです。鳥のエサやりで日本語が学べるのなら誰もが苦労はしません。

(日本、日本語が分からない実習生には何をやってもまかり通る)

と思っていたのでしょう。

日本に来る前のベトナム人実習生の日本語の理解度

ベトナム人実習生は日本に来る前にベトナムで日本語を学習していると思いますが、送り出し機関によって、日本語学習をする時間はマチマチです。数ケ月日本語を勉強しているベトナム人実習生達を見ていると、

“会話は多少できる程度で、覚えた日本語を話す”

くらいだと思っていた方がいいです。日本語を理解して話している感じではないでしょう。

ベトナム人実習生 日本語の教え方 日本人とベトナム人とでは感覚が違う

ベトナム人実習生 日本語は大丈夫?~日本語が理解するまでの時間~

この記事でも書いていますが、言葉云々よりも“感覚”がベトナム人実習生と日本人とは違います。まず、感覚の差をどうやって埋めていくのかを考えた方がいいでしょう。それには、日本語を教えながら感覚もまた伝えていくといった方法がいいのではないでしょうか。

ベトナム人実習生 日本語の教え方 3年間での日本語の習熟度は?

全体的には結果は期待しない方がいいです。日本語は分かります。分かるのですが、理解の深さは浅いです。ただ、ベトナム人実習生の中にも“勘”が良い子はいます。そういったベトナム人実習生を重点的に教えていった方が企業としては効率的なようにも思えます。

“何もしないよりはした方がマシ”

といった感じでしょう。

ベトナム人実習生 日本語の教え方 企業の対応

ベトナム人実習生に何とか日本語を理解してもらおうと四苦八苦されている工場さんのお話ですが、

“根競べ”

と言われていました。その工場ではしつこく日本語を教えているそうです。結果は2の次。

「こっちが負けるか、向こうが負けるか。」

とある意味、意地にも近い感じですが、仕事が終わってまで実習生をしばるのではなく、

“日本で生活するには日本語が必要である”

といった考え方を朝礼等でしつこく言い続けているそうです。そして、

“日本に滞在している時間を大切にする”

といった事も教えています。日本で生活していると毎日、日本語を見る事ができ、日本語を聞く事ができます。少し意識を集中すればいつでも何処でも日本語が学べますよといった事です。それは日本に滞在している時間でしかできない勉強方法です。

毎日の10分くらいの朝礼でベトナム人実習生達に順番に“通訳”をさせている工場もあります。本格的な通訳ではないです。勉強の為の通訳です。ほんの10分ですが、毎日、毎日、日替わりで通訳をしていると、人にもよりますが、ある程度は日本語が分かってくるみたいです。ただ、朝礼をしている日本人の言葉は理解が深まるかもしれませんが、他の日本人に対しては分かりません。毎日、同じ日本人が手ぶり身振りで日本語を話していれば、日本語は分からなくても雰囲気で伝わる事もあるようです。

「ベトナム人実習生と話していて困ったことは?」

と、とある工場の担当者に聞いた事があります。

「分かって(理解)いないのに“分かりました。”」

「間違った事を理解していないのに、“すみません”」

と言う事。“すみません”と“分かりました”はベトナム本国での勉強の時に真っ先に教えられる言葉なのかもしれませんね。そういった事も考えながらベトナム人実習生達と接していく事ができなければ、受け入れはしない方がいいでしょう。企業、実習生共にデメリットでしかありません。

ベトナム人実習生に日本語を伝えて理解してもらう事は非常に難しい事です。漢字社会でもないですし、気候も違えば教育も違う。ベトナムに行って本職の通訳の人と話していても、

(本当に通じているのか?)

と思う事もあります。言葉は分かっているのでしょうが、感覚的なニュアンスは中々伝わりにくいです。ベトナム人とは言葉の違い、文化の違い、習慣の違い、“違い”の方が多い訳でして、そんなベトナム人に日本語を教えるには、相当な根気と工夫が必要なんだと思います。
スポンサードリンク





-外国人労働者
-

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.