FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

子育て

子育てで疲れてイライラして 子育てに向いていない しんどい 失敗・・・

投稿日:

子育てで検索すると、意外とネガティブな言葉が多いので驚きました。私も子育ての真っ最中ですが、毎日必死ですねぇ。疲れますし、イライラもしますし。しんどいです。子供を作った事や子育て方が失敗したかと思う時もあります。

でも多分、そんな親御さん達の方が多いとも思っています。そして、誰しもが子供に接する時は経済的にも精神的にも“余裕”があって接したいと思っているはず。自分に余裕がない時に子供達の兄弟喧嘩。余裕がない時に話しかけられる。余裕がない時にぐずられる。

どうでしょうか?どれもカチンッときませんか?

そして、大きな声で怒鳴りつけたり叱りつける。ハッと我に返った時にはもう遅い。と、そんな事は私にはよくあります。怒りたくはないんですよ。あ!しまったぁ。と思い子供に詫びる事もあります。それは、全てが子供が悪かったからとは中々片づけられないと思うからです。子供目線から考えれば、何故怒られたのか分からない事もあるのかもしれませんよね。

子供が産まれてきた事はあくまでも親の都合

子供ができた時の状況もまたその家によって違います。

待望の子供だったのか?

それとも、まだ欲しくなかったけど出来てしまったのか?

出来てほしくなかったけれど出来てしまったのか?

様々な状況があります。でもね、それは全部親の都合なのです。だって

子供は親を選べない

でしょ。子供は親や家の環境は選べない。言葉が悪いかもしれませんが、言い換えれば親の勝手な都合で自分が産まれたと思われる事もあるのかもしれません。そして子供は自分で親や家庭環境が選べない以上諦めるしかないんです。私がそうでした。私は産みの母親を知りません。大人の事情で私が生後数ケ月の時に離婚したそうです。父も必死に仕事と言うよりは生きていましたので、そんな姿を見てると子供として

母親に会いたいとは言い出せない。

“母親に会いたい”と言うより甘えたいといった感情でしょうか。

まぁ、そんな感情は自分の心の奥の底に沈めるしかなかった。片親しかいない寂しさは両親に恵まれた人には分からないでしょ。そんな経験をした人にしか分かりませんよね。

親の事情は子供には関係がないのですが最後の子供の心の拠り所は親の存在が一番なのです。

例え、どんな親であろうとも。



我が家に産まれてきた以上、我が子には諦めてもらうしかない。

私(裕福でなくてごめんね。)

ですが、子育て中は親も諦めるしかない事もあります。例えば自分が欲しい物、自分の時間等、自分を犠牲にして子供や家庭の為に諦める事が多くないですか?子供から見れば、

(そんなの当たり前じゃんw)

と思うかもしれませんが結婚して子育てをすりゃ分かる事なのでほっときましょうw

赤ちゃんの時、幼児、小学校、中学校、高校~その時期によって子育ての大変さは変わります。変わらない事は子育ての“大変さ”。子供のその時期、時期の写真はあれど感慨深く見れる心境には私はまだなれないのですが、ご年配の方に

子育てをしてる時が華ですよ

と言われた事があります。子育ては凄く大変なんだけど、もしかすると、子育てにもがき苦しんでいる時間が自分の人生にとって一番充実している時間なのかもしれません。(今は分からないですけどね。)

子育てに答えを見出されている親御さんって果たしておられるのでしょうか?親が良かれと思った事が逆に子供にとっては重荷になる事だってある。子育ては難しいです。だって答えがない事なんですから。

子供の事件等でテレビのコメンテーターがそれらしく語っているのを見ますが、残念ながら井戸端会議にしか見えないwただ、最近子供達の虐待や幼い幼児の事故等見ていると、同じ親として言葉が見つからない。言いようがないのです。事件、事故に関して言えば明日は我が身に起こる事かもしれないですし、自分もちょっとしたつまづきで明日は傍観者から加害者になる事だってあるかもしれません。

先の事なんて誰も分からないです。子育てに答えなんてない。ただ、毎日、子育てに悔いは残したくはないとは思います。子供には今、必死に生きている自分(親)の姿を見せる事しかできないんじゃないのかなぁとは思います。

と、かっこよくまとめようと思いましたが現実は家に帰って奥様と喧嘩して子供を叱り飛ばしましたとさ。何処もそんなもんでしょwと言う事でww
スポンサードリンク





-子育て
-

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.