FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

周遊

出雲大社は本当に効く?日本一の縁結びの神様が祭られている出雲大社~私は本当に縁結びが叶った!?~

更新日:





出雲大社は日本最強の縁結びのパワースポット

数ある縁結びの神様が日本にはおられます。その中でも最強のパワースポットは出雲大社です。と言いますのも、皆様の町の暦は10月は何と呼ばれているのでしょうか?

“神無月”

ですよね。それはその月にその場所にはいるはずの神がいないのです。日本全国の神様がその月にはいなくなる。では、いなくなった神様はいったい何処へ行かれるのでしょうか?そうです。10月は日本全国の神様が出雲大社に集まられます。なので日本全国から神様が集まられる出雲大社は日本一の縁結びのパワースポットなのです。

縁結びの神様 出雲大社の創建

古事記や日本書紀の神話伝承によると、大国主大神様が国づくりされた日本の国土を、皇室の御祖先神である天照大御神様に〝国譲り〟された際、そのご功績を称えて壮大な御神殿(御本殿)が創建され、大国主大神様がお鎮まりになられたと記されています。これは国家による出雲大社造営起源の記述で、その様子は太く長い柱を地下の岩盤に届くほど深く突き固め、大きく厚い板を用い、屋根に掲げられた千木は天の雲を貫くほど壮大な御神殿(御本殿)が築かれたことを伝えています。

御柱ですが、現物の柱の大きさには驚かされます。今は取り出されてレプリカが置いてあります。それと、その当時の出雲大社のの絵を見る事ができます。その高さと同じ高さの建物が出雲ドームの高さと同じです。

縁結びの神様 出雲大社に祭られている神様

出雲大社に祭られている神様は大国主大神様です〝縁結び〟の神様として古くから信仰されています。これは単に男女のご縁だけではなく、人々を取り巻くあらゆる繋がりの縁です。広く人々と幸せのご縁を結んで下さる縁結びの神様なのです。かく言う私も何度か出雲大社に行きました。ご利益があったのでしょうか、今の奥様と子供達と縁を結べました。これが、良縁かどうかは今は分かりません。良縁になるように日々努力はしているつもりです。

出雲大社と神話

神話の国出雲にある出雲大社。私も何度か出雲大社には行った事があるのですが、あまり深くは考えず観光地として行ってました。観光地や縁結びの効果を期待され行かれるのもいいですが、折角、出雲まで足を運んで出雲大社に行かれるのなら少しばかり出雲大社の事を勉強してから行かれるのもいいと思います。

ちなみに私は宗教には興味がない無宗教派です。(でも、先祖は大事だと思っています。)

出雲大社と神話

さて、出雲大社ですが、出雲大社と聞いて思い浮かべる言葉は、“縁結び”と“神話”だと思います。それは、出雲大社に祭られている神様が大国主命と呼ばれている縁結びの神様だからです。“縁”と言いましても男女の“縁”だけではなく、世の中全ての“縁”を結ぶ神様です。神話なのですが、色々な物を読めば読むほど面白くなってきますが、読めば読むほど分かりにくくなってきます。分からないから色々な事を想像してしまう。何が真実なのかは分からない。神話のロマンとはよく聞く言葉ですが全くその通りだと思います。

神話時代は神武天皇(初代天皇)が即位する以前までの時代のことのようです。伊邪那岐神が伊邪那美神が結婚をして、国産みと様々な神も生み出し、火の神の出生によって伊邪那美神はこの世を去ります。どうしても伊邪那美神に会いたい伊邪那岐神は黄泉の国(死者の国)へ向かいますが結局伊邪那美神とは永遠のに離別することになります。黄泉の“ケガレ”を祓う為に“禊”をし、この時も様々な神様が生まれました。この時の最後に生まれた3人が、

天照大御神と月読命、須佐之男命です。

ところが須佐之男命が神様達が住んでいた高天原という所で乱暴を働きそこから追い出されました。須佐之男命が舞い降りた地が出雲国です。出雲国では八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)を退治して、櫛名田比売と結婚します。 須佐之男命の子孫が大国主命と言われています。出雲大社が造られたのは神話の国譲りの部分です。出雲国を治めていた国津神の大国主命。高天原の天津神達は出雲国は天津神が治めるべきだと言い出しました。中々天津神達の思うようには事は進みませんでしたが、最後は大国主命が高天原の天照大御神と同じくらい立派な宮殿と引き換え等の条件のに国を譲ったとか・・・・・その時の宮殿が出雲大社です。

昔の出雲大社の想像図です。たくさんの太い柱が並んでいますが、その柱の跡も今の出雲大社で見つかっています。大きな柱の木を三つを束ね、それを1本の柱としていたようです。出雲大社の想像図を見てみるとそばに海がありますが、その当時は出雲大社付近まで海が来ていたという事なのかもしれません。

神話を見ていると様々な諸説を耳にしたりしますが、例えば、神話に出てくる八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)は八つの頭と八つの尾を持った化け物ですが、そのモデルとなったのは島根県を流れる斐伊川と言われる方もいらっしゃいました。斐伊川も氾濫が多い川だったのでそういった想像上の化け物にに具現化して恐れられていたのかもしれませんね。さて、想像上の画像では凄く高いように思えます。この高さ出雲のある建物と同じ高さです。それは出雲ドームです。

このドームの一番上の位置の高さに昔の出雲大社の本殿があった。とそんな風に思い見上げてみるのもいいかもしれませが、この出雲ドームは出雲大社から車で20分くらいの場所にあります。

伊勢神宮は天津神の天照大御神を祭り、出雲大社は国津神の大国主命が祭られています。その事だけでも、神話というより神話の後ろにある歴史を考えてしまいます。

縁結びのパワースポットだけじゃない出雲大社は女性には是非来て欲しい理由があります

島根県には縁結びの最強パワースポットの出雲大社があり、そこだけでも十分魅力がありますが、車で約1時間弱の範囲内に美肌、美人、傷に良い温泉が3つあります。

出雲大社でパワーをもらい、肌に良い温泉に浸かり気分もリフレッシュできます。そして、最近の玉造温泉の温泉街では女性のお客様も多くなっており女性のサービスも充実しています。

縁結びの神様 出雲大社境内の押さえておきたいポイント

車で来られた場合、イメージ的に表現しますと出雲大社の駐車場は出雲大社の横にある感じです。そこから出雲大社に入る事はできるのですが、少し来た道を歩いて戻って表参道からゆっくり入られる事をお勧めします。

ゆっくり静かな表参道から歩いて出雲大社の境内に入る。何とも言えない風情が楽しめます。駐車場から入られる場合、出雲大社境内に入る途中の左手に結婚式場があります。タイミングが上手くあえば、幸せそうな白無垢の着物を着た花嫁さんに出会える事もあります。写真を撮られる人もおられますが、マナーは意識した方がいいでしょう。後、宝物殿も行ってみるといいですよ。名刀も保存されていたりして、一般人には中々見れないですよね。どういった表現が正しいのか難しいですが凄く美しいです。

縁結びの神様 出雲大社周辺のグルメと観光

歩きと言う事で絞ると稲佐の浜が近くにはあります。出雲大社から20分くらいでしょうか、 稲佐の浜は国譲り神話の舞台です。稲佐の浜から南へ続く島根半島西部の海岸は「薗の長浜」と呼ばれ、“出雲国風土記”に記載された“国引き神話”においては、島根半島と佐比売山とをつなぐ綱であるとされています。

出雲周辺のグルメ・・・と言うより名物と言った表現の方がいいですが名物の出雲そばがあります。歩いてだと無理ですが、車だと日御碕灯台や島根ワイナリー等が楽しめます。島根ワイナリーは出雲大社からだと車で約10分くらいの所にあり島根ブドウから作られたワインを買ったり試飲もきますが運転の方には無理ですね。その代わりにブドウジュースがあります。

日御碕灯台は出雲大社からは車で約20分ですが、岬を登っていく感じなのでカーブも多く初めて来られる方は運転には注意が必要です。日御碕灯台は石造灯台としては日本一の灯塔の高さで、周辺は、大山隠岐国立公園の一部となっている景勝地です。世界灯台100選や日本の灯台50選に選ばれた日本を代表する灯台で、歴史的文化財的価値が高いため、Aランクの保存灯台となっています。また、全国に5箇所しかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台でもあります。一般公開されていて大人中学生以上200円、小人無料)で上まで登ることができます。登ると日本海を一望の下にすることが出来ます。

出雲大社より海鮮のグルメが日御碕灯台にはあります。駐車場から灯台へ続く道沿いには土産物屋やお食事処が軒を連ねています。中でも海鮮丼は絶品。その日の朝に地元であがった新鮮なネタは季節や日によって様々で贅沢に盛りつけた魚介に秘伝のタレをからませて、ごはんと一緒に豪快に味わいたい一品です。また店頭で焼いてくれる海鮮焼きもオススメ。サザエの壺焼きや肉厚でジューシーなイカ焼きなど、町中に香ばしい香りが漂い食欲をそそります。そして、日御碕灯台の西に浮かぶ経島(ふみしま)は出雲風土記にも登場する孤島です。

白い石灰質の柱状節理が積み重なったような姿が、経典を重ねたように見えることから、この名前が付いたと言われる国の天然記念物です。この島で有名なのが、11月になると北方から飛来する“ウミネコ”の繁殖地であること。現在では数千羽のウミネコが集まり、巣作りと子育てを得て、7月頃に飛び立つまで、この場所で群れをなして生活しています。

縁結びの神様 出雲大社へのアクセス

飛行機の場合、出雲縁結び空港(出雲空港)から車で1時間かからないです。出雲縁結び空港から出雲市駅行きの連絡バスが出ており、出雲市駅まで約25分。出雲市駅から一畑バスで出雲大社・日御碕・宇竜行きで25分くらいです。出雲縁結び空港は宍道湖の横に位置しています。離発着の時、宍道湖の上を通る場合もあるので窓側から見ると景色も楽しめます。

まとめ

日本一の縁結びの神様が祭られている出雲大社とその周辺の観光スポット等書きました。出雲大社は縁結びの神様とは言うものの観光として十分楽しめますし、島根県は魅力ある温泉も数多くあり、グルメも海鮮はもちろんの事、島根和牛、島根米等盛沢山です。今回は出雲大社中心に書きましたが、島根県の県庁所在地の松江市も水の都と呼ばれて見どころもたくさんあります。是非1度足を運んでみてはいかがでしょうか。



-周遊
-

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.