FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

服の作り方・初心者入門編 生地 雑記

生地の選び方~素材に勝る物は無し?~

投稿日:

とあるブランドの担当者さんとの

会話で、

担「やっぱり、素材だよなぁ。糸1本
からこだわって生地から作りたい。」

と、そんな言葉が出てきますた。

確かに私も売り場に行っては商品を触って

感触を確かめます。

(おっ!この感触は良さげだわ~。)

みたいな。やはり価格帯によって違うと

思いますね。

高級ゾーンは

“それなり”の生地を使っているように

思います。高いからといって良い物とは

限らない訳なのですが、肌触りの良い生地

の服は着心地もまた良いのではないの

でしょうかね。

今は

“ファストファッション”

が主流なような気がします。

1シーズンだけ着られれば良し。

といった風潮もまたあると思います。

そんなお店に行って、服を触ってみると・・・

こりゃ、1回洗濯すりゃ、

キュンッ!

と入っちゃうんじゃねえの?

と思える服もチラホラと見かけます。

確かに素材がいい物は高くなるでしょう。

ちなみに日本の生地は良いですよ。

高いかもしれんけど。

でも、最近よく耳にする事は、

「生地の質が落ちた。」

という言葉です。原因を考えると、

良い染工場、生地を作る工場がつぶれた、閉鎖した

といった事もあるのでしょうね。



ハンドメイドで生地を選ぶ時のポイントは、

直に見て、触って“感触”を確認して購入される

事をお勧めします。ま、ある程度、数をこなせば、

天竺?・・・!

ああ。あの感覚ね。

とイメージもできるかもしれませんけどね。

今は便利な時代で、生地も通販、ネットで購入

できます。でも、いざ手元に荷物が届いて開けて

みると、

(あ?あれ?イメージと違う。)

といった事も想像できます。

色合い、肌さわりは画像だけでは中々微妙な感じは

掴めないと思います。



各ブランド、お客様のゾーンを意識して服を

作っている訳なのですが、服を作る勉強をする側も

その辺りを意識してお店を周って見ても面白いですよ。

私の場合、お店の商品よりショップ店員に目を

奪われる事もあるのですが・・・・・

ファストファッションのお店の商品と高級と言われて

いるゾーンのお店の商品、何がどう違うのか?

安いファストファッションのお店でも、かけるべき所

ではお金をかけていると思いますが、主眼はやはり

いかに、お安くお客様に商品を届けてるのか?

だと思います。でも、お安くお客様に提供するにも限界が

あるんですよね。担当の方は常に原価と睨めっこ状態?

そう言えば、ZOZOの社長さんが服の原価を暴露されて

“炎上”したそうですね。ま、確かに原価だけを聞くと、

驚かれる方もおられるかもしれませんが、

原価はあくまでも、

“純粋な原価”

なのです。そこから、流通にかかる経費もあれば、

出店にかかる経費もあります。もちろん、そこに

携わる人件費もある。そして、ブランドの価値に対

しても当然“値”が付きます。

そういった事が複雑に絡み合って、“上代”が決まって

います。

原価だけを見ると、“損”をしているような錯覚を感じる

かもしれませんけどね。でも、それを言いだしたら

宝石の原価だって・・・・・

「知ったら買う気がせんっ!」

とある人に言われた記憶はありますねぇ。


服の好みも人それぞれと同じように、生地の好み

も人それぞれであると思います。高い生地には

それなりの理由もある訳で、そんな理由も考え

ながら生地を選ぶのもハンドメイドの服作りの

楽しさの1つだと思います。
スポンサードリンク





-服の作り方・初心者入門編, 生地, 雑記
-,

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.