FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

カバーリングミシン 縫製工場の設備

カバーリングミシン

更新日:

カバーリングのミシンはカットソーのアイテムではよく使います。既製品で一番目にするのは袖口や裾口の始末です。表から見ると、2本のステッチが走っているように見えます。

でも裏側は↓のようになっています。

縫い仕様は環縫いと言われている仕様で、オーバーミシンも同じです。特徴は伸びに強いと言った特徴があります。袖口、裾口は特に横に伸びるので伸びに強いミシンで縫う事が多いです。

カットソーの場合、素材自体も伸びる素材なので引っ張っても“パチンッ”と糸が切れないように意識しています。

カバーリングミシンですが、衿ぐり始末の仕様でバインダー始末でも使います。

テープ状の素材を3つ折り、4つ折りの設定のラッパ(アタッチメント)を使って縫っていきます。

↓分かり易いイメージ画像

テープを折って身頃を挟み込んで縫います。衿ぐり部分も力のかかる部分なので、環縫いの仕様が多いです。バインダー始末、パイピン始末を家庭用ミシンで代用するのなら、本縫いミシンに専用のアタッチメントを付けて縫います。

強度的にどうなのか?

といった不安もあるかもしれませんが、

“売り物”

ではないので、そこまで気にする必要はないですし、本縫いの糸調子で調節で十分対応できます。既製服の場合、様々な体型の人が着る可能性があるので、均一、強度等の部分がより意識されています。

アタッチメント等を変えると飾りステッチにも使用します。

スポンサードリンク





-カバーリングミシン, 縫製工場の設備
-,

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.