FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

ギャザー 仕様

ウェストゴムの付け方

更新日:

ガウチョパンツを作っていた時、ウェスト周りをゴムを付ける仕様にしていました。と言うのも私がとある縫製工場で見た時の付け方が、ゴムを引っ張りながらオーバーで付ける縫い方だったからです。

私(あ~。なるほど~。ああやって付けるのね。)

と思い自分も同じ方法で、できるんじゃなかろうか?と思ってガウチョパンツを縫ってますた。

ところが・・・・・・・

ガウチョパンツの身頃のウェストの長さは100cmちょいだったと思います。ゴムのサイズは60cmちょい。(ウェスト上がり寸)相当引っ張って付けましたが、ミシンが進まない。地団太を踏むって感じでしょうかね。それと、そうやってゴムを付けていると、針が折れそうで怖い。といった感じですた。ほんと、何とか付けたといった感じで縫い上げはしたんですけどね。

(あ!そう言えばあそこの縫製工場のミシンにはガイドが付いてたなぁ。)

と思い出しますた。ミシンに、ゴムをウェストのサイズまで引っ張ってそれを固定するガイドが付いてあったんですね。ゴムを固定して身頃と合わせて縫うみたいな。ミシンの押さえで固定しているのではないので、スッと縫える感じでしたね。そういったアイテムの専門の縫製工場だったので、ゴム付専用のミシンでアタッチメントも付いていたんでしょう。



ウェストゴムの付け方

ガウチョパンツを作りたい。でも、ゴム付をどうしようか・・・・・

型紙で身頃ウェスト部分を削っちゃおうか・・・・・

でも、ギャザーを寄せた感は残したい・・・・・

と考えていました。で、かなりの頻度でお邪魔させて頂いている縫製工場の班長さんに相談してみると・・・・・

私「パンツのウェストのゴム付、いい方法ありますぅ?」

と腰を低く低く相談しますた。

班長さん「ああ。身頃にゴムをくるめばいいじゃない。」

私「く、くるむぅ~っ。」

と聞いた方法で私なりに部分縫いで縫ってみますた。生地の素材はあえて伸びない素材を使用しますた。

ゴムの上り寸法は60cm。ベルトは1mくらいの長さです。ゴム、ベルト共に“輪”にしてます。

ベルトを半分に折って、その中にゴムを通す?と言うのか置くと言うのか、あ!挟むって感じでしょうかね。折った端をキワで本縫いで縫っていきます。ポイントはこの時にゴムに貫通させないで縫う事です。当然、身頃の方が長い訳でして、ゴムの長さが足らなくなる。その時にゴムを引っ張り出してあげるんです。身頃にはギャザーが寄っていきます。

↑は縫い終わった後ですが、ギャザーが偏った感じです。でも、ギュッ!ギューッ!と引っ張ってあげると、まぁ、まぁ均等に入ります。

後、何回か練習をすれば、もう少し“コツ”も掴めそう。。。班長さんが言ってた縫い方とは若干違いますけどね。班長さんが言ってた縫い方は、1回折って、更にもう一度折って縫うと言ってますた。そうやって縫えばウェスト部分の厚みが増して、ベルトっぽく見えるのかも・・・・・

前ポケット付のガウチョパンツの型紙を作成中なんですよね~。パーツが増えりゃその分、問題点も増えていきますぅ・・・

ウェストゴムの縫い方を動画にしました。





-ギャザー, 仕様
-, ,

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.