FX、外国人労働者問題、趣味の服作り、服の作り方、型紙無料ダウンロード、温泉等々。雑記ブログです。

Charm

服の作り方・初心者入門編 タンクトップ

前身2枚重ねタンクトップの作り方

投稿日:

↑の型紙。出来たと思っていたのですが、

衿ぐり、袖ぐりを計測してみると、小さいという事

が分かったので、修正しますた。

さて、今回作った前身2枚重ねのタンクトップ。

シルエットはタンクトップなんだけど、工程数は、

普通のタンクトップと比べるとかなり増えます。

普通のタンクトップの工程の流れは、

バインダー始末の場合

左肩合わせ→衿ぐりバインダー→右肩合わせ→

両袖バインダー始末→両脇合わせ→裾始末→返し針

とこんな感じ。

で、今回の素材は1種類ではなく前身の外側の素材は布帛系。

そして、前身の体側と後身はカットソー地で縫っていきます。



組立工程に入る前に、3枚の身頃の裾始末を済ませておきます。

今回は、2本針のカバーリングミシンをかけました。

そして、後身頃の衿ぐりを裏バインダー始末にしました。

裏バインダー始末とはバインダー始末をした後に、テープを

体側に倒してステッチをかける事です。

↑バインダー始末

バインダー始末とは?

裏バインダー始末って高級仕様なの?

とあるサイトで、裏バインダー始末は高級感云々と書いてますた。

ま、高級仕様かどうだか知んないんだけれど、今回の前身衿ぐりの始末を

中縫いの仕様にしているので、後ろ身の衿ぐりは裏バインダー始末の方が

馴染みが良さげと思い裏バインダー始末にしております。

↑裏バインダー始末です。

これで一応、前工程が終わりました。

次に組立工程です。

①布帛系の前身(表側)とカットソー地(体側)の前身同士を、

中表に重ねて、衿ぐりを縫います。(中縫い)

②中縫いの縫い代を体側(カットソー地側)に倒してコバステッチ。

(表側の布帛系生地の表側には貫通させません。)

③左右肩合わせ。

④左右袖ぐりバインダー始末。

⑤左右両脇合わせ

⑥返し針(オーバー縫い代始末)

とこんな感じで縫っていきました。

前身が2枚あるので、袖ぐり、脇を本縫いミシンで

端キワキワで仮縫いで止めるのもありです。



前身2枚重ねのタンクトップ。作る上での1番のポイントは前身の素材違い

をどう克服するのか?・・・かな?

布帛系とカットソー地。生地の伸びが違います。そして、合わせる部分はカーブのある

衿ぐり。上手く調節しながら縫わないと、シワが出やすいと思います。

↑衿ぐりにシワが出てますね。

最初にしてみれば、まぁまぁかなぁ。家に帰って娘に試着。

画像は無いけれど、悪くなかったですよ。良くもなかったけど・・・・・





-服の作り方・初心者入門編, タンクトップ
-, ,

Copyright© Charm , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.